筋トレ前はストレッチ禁止って本当!?

筋トレ前はストレッチ禁止って本当!?

筋トレ前,ストレッチ禁止

運動する前はストレッチをするのは常識ですよね?
準備運動して、できればストレッチまでやった方がケガのリスクも減るし安心と思っていました。

 

ところが筋トレ前にはストレッチをしない方が良いという意見があるみたいです。
本当に筋トレ前はストレッチしない方が良いのでしょうか?

 

筋トレ前のストレッチでケガの予防効果はある

筋トレ前,ストレッチ禁止

筋トレ前にストレッチすることは、運動前のストレッチと同様にケガの予防効果はあります。
ストレッチをしないで急に激しい筋トレを行うと筋や関節を痛めるリスクがあります。

 

またストレッチには関節が動く範囲を広げるという効果も期待できます。
なので筋トレ前のストレッチ効果というのは高いと思います。

 

筋トレ前のストレッチがダメなケースって?

筋トレ前,ストレッチ禁止

筋トレ前のストレッチにはケガの予防効果もあり必要だと思うのですが、筋トレ前のストレッチがダメなケースにはどんなことがあるのでしょう?

 

それは筋トレのパフォーマンスという観点から、筋トレ前のストレッチが逆効果になることがあるということみたいです。ストレッチというのは、関節や筋を伸ばすと同時に筋肉も一緒に伸ばします。

 

この筋肉を伸ばすという行為が筋肉を伸ばすことに鈍感になってしまうため逆効果になるということのようです。

 

筋肉を強くするためには、引っ張る力に対して抵抗することが効果的です。
そのため、筋トレ前にストレッチをやりすぎてしまうとこの筋肉を引っ張る力に対して鈍感になってしまうため効果が半減してしまうのです。

 

これにより同じ筋トレメニューをやっても効果が半減してしまうため、筋トレのパフォーマンスが落ちてしまうのです。

 

ストレッチは必要!

ただし、このケースはストレッチをやり過ぎてしまった場合です。ケガの予防程度のストレッチでは筋トレのパフォーマンスが落ちることはありません。

 

ケガのリスクを考えたら、筋トレ前のストレッチは絶対にやるべきです。ただ、この引っ張る力に対して鈍感になるということを認識してもらい、ストレッチをやり過ぎないように意識すると良いでしょう!

 

ケガをしてしまうと長い間筋トレができなくなってしまいます。
ケガというのは一番避けなければいけないことですので、必ずストレッチはやりましょう!

 

筋トレは早くやればいいってもんじゃない!スロートレーニングのすすめ!>>