ウォームアップとクールダウンは筋トレに必須!

ウォームアップとクールダウンは筋トレに必須!

ウォームアップ,クールダウン,筋トレ

ウォームアップとクールダウンは筋トレに必須なことという認識ありますか?
ウォームアップは普通の準備運動でやりますよね?

 

でもクールダウンってあまりやっている人はいないかもしれません。

 

筋トレに必須なウォームアップとクールダウンについて詳しく解説していきますね!

 

ウォームアップは当然大切です!

ウォームアップの大切さはわかっているとは思いますが、復習の意味も込めて解説していいきますね。

 

基本的にウォームアップは準備運動です。

ウォームアップ,クールダウン,筋トレ

 

体温を上昇させてカラダの動きをよくすることでケガの防止効果も期待できます。カラダを温めると良いことしかないです。筋肉の柔軟性も増すため、肉離れや腱の損傷などのケガのリスクも下がります。ただ、体温が上がれば上がるほど良いというわけではありません。

 

例えば、ちょっと極端な話をしますね。
体温が41度を超えてしまうと、体内の細胞が死にます。これでは逆にカラダに悪いですよね。理想的な体温は約37度です。

 

37度ってちょっと熱があるのではと思うかもしれませんが、基礎体温がこれぐらいあると病気にもなりづらいというメリットがあります。なのでウォームアップ時には体温の上がり過ぎるような激しい運動ではなく、少し体温が上がったかなというぐらいの適度な運動が効果的です。

 

あまり激しい動きや急激な動きなどはケガのもとですので、ゆっくりとした動作がウォーミングアップには適しています。

 

クールダウンこそ大切なのです!

さあ、では次にクールダウンについて解説していきます。

 

クールダウンは筋トレで上がった体温を単純に下げるだけということではありませんので注意してください。

ウォームアップ,クールダウン,筋トレ

クールダウンは徐々に体温を下げていくのがポイントです!

 

激しい運動をすることで筋肉に乳酸が溜まります。これが筋肉が疲労していると感じる原因です。
この乳酸を動かすことで疲労が回復します。乳酸を動かすためには、軽く運動し代謝を上げることが必要です。

 

筋トレをした後で急激に体温が下がってしまうと、乳酸が動かずに溜まったままの状態になってしまいます。これが筋肉疲労の原因です。

 

クールダウンの役割は、この筋肉疲労を軽減することにあります。
クールダウンにより体温をゆっくり下げると、乳酸は動いた状態となり溜まることがないため筋肉疲労を軽減することができます。

 

クールダウンというのは、筋肉疲労を軽減するために大切な役割を果たすのです。
だからクールダウンは大切ということなのです。

 

ウォームアップとクールダウンはどちらも大切!

ウォームアップ,クールダウン,筋トレ

ウォームアップとクールダウンの大切さについて理解して頂けたと思います。

 

ウォームアップとクールダウンどちらかだけではダメでどちらも大切ですので、
「ウォームアップ+筋トレ+クールダウン」とセットで行うようにしましょう!

 

これにより、ケガのリスクも減り、筋肉の疲労も軽減されるため、継続的にパフォーマンスの高い筋トレを続けることができるのです!

 

こんな記事もいかがですか?

 


ジムには行くな?自宅トレーニングのすすめ!

腹筋を効率的に割るにはこの方法がおすすめ!